ページ内移動用のリンクです


会社情報

水素ステーション燃料電池自動車

燃料電池自動車(FCV)

燃料電池自動車(FCV)

燃料電池自動車(Fuel Cell Vehicle)は、燃料に水素を使います。二酸化炭素(CO2)や大気汚染物質を排出しないため究極のクリーンエネルギー車として期待されており、普及を目指して開発が進められています。

FCVには、エンジンのかわりに燃料電池とモーターが搭載されています。水素と空気中の酸素を化学反応させて電気をつくり、その電気でモーターを回して走ります。排出するのは水だけという究極のエコカーです。しかも、エネルギー効率はガソリン車の2倍以上。モーターで走るため静かで乗り心地が良いのが特徴です。

2015年からのFCV本格普及・・・
2009年9月、トヨタ自動車・独ダイムラーなど世界の有力自動車メーカー8グループが、2015年をめどにFCVを市場に投入するとの共同声明を発表しました。

他の自動車との違い

燃料電池自動車(FCV)

特徴

  • 水素を燃料として走る
  • 静かで振動が少ない
  • CO2や大気汚染物質の排出ゼロ
  • エネルギー効率がガソリン車の2倍以上
  • 長距離走行が可能
  • 水素を供給する水素ステーションが少ない

電気自動車(EV)の構造

ハイブリッド自動車の構造

ガソリン自動車の構造

特徴

  • 静かで振動が少ない
  • CO2や大気汚染物質の排出ゼロ
  • 家庭用のコンセントから充電可能
  • バッテリー容量が小さいので、長距離走行に向かない

特徴

  • 2つの動力を効率よく使い分け、エネルギーを節約
  • CO2や大気汚染物質を排出
  • 全国にガソリンスタンドがあり、燃料補給が容易

特徴

  • 現在最も普及している
  • CO2や大気汚染物質を排出
  • 全国にガソリンスタンドがあり、燃料補給が容易