ページ内移動用のリンクです


会社情報

水素ステーション水素ステーション

水素ステーションは燃料電池自動車に水素を供給する設備です。水素ステーションには、工場で製造した水素をステーションに輸送する方式(オフサイト型)と、水素ステーション内で原料(灯油、LPG、天然ガスなど)を改質して水素を製造する方式(オンサイト型)があります。

図:水素ステーション

現在、JX日鉱日石エネルギーが運用する水素ステーションは、JHFC(水素・燃料電池実証)プロジェクト時に設置した横浜・旭水素ステーションと、福岡県の支援をいただき、岩谷産業株式会社、新日本製鐵株式會社と共同で建設した北九州水素ステーションに加え、水素供給・利用技術研究組合(HySUT)からの委託で設置した東京・杉並水素ステーションの三つのステーションを運用しています。なお、JHFC船橋水素ステーション(移動式)は、2010年12月末で運用を終了しました。
以下にJX日鉱日石エネルギーの運用する水素ステーションを紹介します。