最近人気の「環境社会検定」、通称「eco検定」の模擬問題集(全200問)から、ランダムに10問を抜粋表示しますので、毎回違った問題を解くことができます。さあ、あなたも「eco検定」にチャレンジ!めぐみ博士の詳しい解説もありますよ。

eco検定模擬問題集

各問題○×選択になっていますので、正解と思われる答えを選択してください。
全問答えたら、採点ボタンをクリックすると、結果が表示されます。
アナタは何問正解を出せるのか、エコ博士を目指して、さあ挑戦!



  問題 回答
Q1. 持続可能な社会とは、健全で豊かな環境が将来世代にも継承できる社会のことである。

Q2. 土壌は、水を浄化するが、水を蓄える性質はない。

Q3. BODは化学的酸素要求量のことをいう。

Q4. オゾン層が破壊された成層圏を、オゾンホールという。

Q5. 1987年に「環境と開発に関する世界委員会(WCED)」の報告書で、持続可能な開発の概念が提唱された。

Q6. 日本の新エネルギーには、原子力エネルギー、リサイクルエネルギーなどがある。

Q7. ISO14001の基本的なしくみは、計画、実施・運用、点検、改善に分かれる。

Q8. 生産効率に対比される消費者重視の考え方を環境効率という。

Q9. コミュニティビジネスが活発になっても、地域経済が活発化されるのは難しい。

Q10. 「環境教育推進法」は、国や行政の規制によって国民が環境問題に取り組むことを目的として制定された。