最近人気の「環境社会検定」、通称「eco検定」の模擬問題集(全200問)から、ランダムに10問を抜粋表示しますので、毎回違った問題を解くことができます。さあ、あなたも「eco検定」にチャレンジ!めぐみ博士の詳しい解説もありますよ。

eco検定模擬問題集

各問題○×選択になっていますので、正解と思われる答えを選択してください。
全問答えたら、採点ボタンをクリックすると、結果が表示されます。
アナタは何問正解を出せるのか、エコ博士を目指して、さあ挑戦!



  問題 回答
Q1. 持続可能な開発とは、環境と開発が相反するものとしてとらえる考え方を示している。

Q2. マングローブ林には、森林と海の2つの生態系が共存する。

Q3. 大気汚染、水質汚濁、土壌汚染、酸性雨、振動、地盤沈下、悪臭の7つを「典型7公害」とよぶ。

Q4. 1994年の「国連砂漠化対処条約(UNCCD)」は、特にアジア内陸部の砂漠化を防止することを目的としている。

Q5. アメリカは、温室効果ガス削減に関する京都議定書に同意している批准国である。

Q6. 「環境配慮契約法」は、一般企業で使用する電気の購入や社屋の改修事業等について、環境負担の配慮等を適切に評価した上で契約先を選定するための法律である。

Q7. 「一人一日1kgCO₂削減」は、チーム・マイナス6%の取り組みの一つである。

Q8. 「REACH(リーチ)規則」は、アメリカの地域レベルの取り組みのひとつである。

Q9. エコファーマーとは、持続性の高い農業生産方式に関する導入計画を都道府県知事に提出して、認定された農業者である。

Q10. エコサイクル・マイレージは、自動車を利用せず徒歩で移動した場合、どのくらい環境に貢献したかを数値で表す試みである。