最近人気の「環境社会検定」、通称「eco検定」の模擬問題集(全200問)から、ランダムに10問を抜粋表示しますので、毎回違った問題を解くことができます。さあ、あなたも「eco検定」にチャレンジ!めぐみ博士の詳しい解説もありますよ。

eco検定模擬問題集

各問題○×選択になっていますので、正解と思われる答えを選択してください。
全問答えたら、採点ボタンをクリックすると、結果が表示されます。
アナタは何問正解を出せるのか、エコ博士を目指して、さあ挑戦!



  問題 回答
Q1. 環境問題を改善・解決していくためには、一人ひとりが問題を認識し、情報などを共有して実際に行動することが大切である。

Q2. 土壌とは、岩石が風化などによって細かく砕けた無機質な状態のものを指す。

Q3. 1970(昭和45)年、生活環境の保全と公衆衛生の向上を目的に「廃棄物処理法」が制定された。

Q4. オゾン層が破壊された成層圏を、オゾンホールという。

Q5. 1985年に採択された「ウィーン条約」は、正式には「温室効果ガス抑制のためのウィーン条約」という。

Q6. 化審法では、日本国内で製造し使用する化学物質についてのみ規制を設けている。

Q7. 1980年代には、企業による社会貢献活動や芸術文化を支援するメセナ活動などが活発になった。

Q8. グリーン・インベスターとは、企業環境配慮を重要視する投資家のことである。

Q9. トレーサビリティとは、販売されている食品の生産・出荷・流通の履歴を管理し、追跡できることである。

Q10. エコサイクル・マイレージは、自動車を利用せず徒歩で移動した場合、どのくらい環境に貢献したかを数値で表す試みである。