ページ内移動用のリンクです


ニュースリリース

2014年度

2014年7月16日

水素事業運営会社「株式会社ENEOS水素サプライ&サービス」の設立について

~水素製造・出荷設備と水素ステーションの運営体制を構築~

記者各位

 

   当社(社長:杉森 務)は、2014年度に販売が始まる燃料電池自動車への水素供給体制構築の一環として、本年10月1日付で、「株式会社ENEOS水素サプライ&サービス」を設立することを決定しましたので、お知らせいたします。

 

   当社は、ENEOSサービスステーションと一体型の水素ステーション(以下、「SS一体型ステーション」)を中心に、次世代自動車振興センター「燃料電池自動車用水素供給設備設置補助事業」に採択された水素ステーションの整備を進めております。
   一方、燃料電池自動車の普及初期における効率的な水素供給、また、空地の少ない都心部における水素供給を行う手段の一つとして、水素供給を単独で行う固定式ステーション(以下、「単独型ステーション」)および水素の需要場所に移動可能なステーション(以下、「移動式ステーション」)を柔軟に展開する必要があると考え、このたび、こうした事業を推進する新会社を設立いたします。
   同新会社は、当社からの委託を受けて、単独型ステーションおよび移動式ステーションの運営、水素の製造出荷設備の運営、水素配送等の関連業務を担います。なお、SS一体型ステーションの運営につきましては、現行のSS運営者が実施いたします。

 

   当社は、総合エネルギー企業として、お客様が求める様々なエネルギーを提供してまいります。水素はエネルギーセキュリティー確保と低炭素社会構築に貢献する有望なエネルギーとして活用が期待されておりますが、水素社会の実現に向け、燃料電池自動車への水素供給事業につきましても積極的に展開してまいります。

 

【新会社の概要】

1. 社名 株式会社ENEOS水素サプライ&サービス
2. 所在地 本社:東京都千代田区大手町二丁目6番3号
水素製造出荷センター:神奈川県横浜市中区
3. 設立年月日 2014年10月1日
4. 資本金 30百万円(当社100%出資)
5. 事業内容 (1)単独型ステーションの運営
(2)移動式ステーションの運営
(3)水素製造出荷設備の運営
(4)受発注、水素配送等

 

以上

別添資料