ページ内移動用のリンクです


旧新日本石油のニュースリリース

2009年度

2010年03月25日

扇島風力発電所の営業運転開始について

記者各位

 当社(社長:西尾進路)は、本日、川崎事業所内において扇島風力発電所が竣工し、営業運転を開始しましたのでお知らせいたします。

 当社は、かねて川崎事業所(旧川崎製油所)における風力発電設備の導入可能性について、風向・風速、環境影響調査などを実施してまいりました。その結果、風況は良好であり、風力発電に適していることが確認できたため、風力発電設備の建設を2009年9月に着工し、本日の竣工に至りました。
 同発電所における発電は温室効果ガスの排出を伴わず、石油火力発電所の発電と比較して、年間約2千㌧(※1)のCO2を削減できます。

 当社は、2003年度より特定規模電気事業者(PPS)として電気小売事業に参入しており、同発電所で発電する電力は全量を需要家向けに販売いたします。
 また、本風力発電設備は「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法(RPS法)」(※2)の設備認定を受けており、当社に課されるRPS法の義務履行に利用する予定です。

 本年4月に誕生するJXグループにおいても、「地球環境との調和」および「社会との共生」をグループの基本的な理念のひとつに掲げ、当社は、お客様のニーズに応える総合エネルギー企業を目指した取り組みを進めてまいります。

  • (※1)石油火力発電所のCO2排出係数:0.704kg-CO2/kWh(出展:財団法人電力中央研究所:電中研ニュース388)として試算
  • (※2)新エネルギー等の一層の普及を図ることを目的として、電気事業者に新エネルギー等から発電される電力を一定割合以上導入することを義務づける法律

【扇島風力発電所の概要】

1. 所 在 地  神奈川県川崎市川崎区扇島1-2(当社川崎事業所扇島地区内)
2. 設備概要 製造元    株式会社日本製鋼所(工事請負:清水建設株式会社)
                       定格出力  1,990kW(風力発電設備1基)
                発電量    約300万kWh/年
                     風車高さ   約123m(タワー部分 約80m)

扇島風力発電所 発電設備